春の古馬中距離戦線 2018年 第2回 大阪杯 G1 結果

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんは、いつも冷静な.REDです。今回の大阪杯は馬券的中を追いかけるのか、淡々といつもの姿勢を崩さず馬券を買うのかが試されました。私はもちろん、淡々といつものスタイルを崩さず馬券を買う事を選択しました。大阪杯は感じることが色々とあり、忘れる事の出来ないレースの一つになりました。

春の古馬中距離戦線 2018年 第2回 大阪杯 G1

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんは、荒れないレースが大嫌いな.REDです。1年過ぎるの早いですねー。今回は第2回G1大阪杯です。皆さん頑張りましょう!今回は気になる馬が多く、荒れると思わせて荒れないパターンじゃないの?って本当に悩む。気になる穴馬は多いが、複勝圏内にと考えるといささか辛い。今回は複数軸でカバーしたい。

C#の勉強は後にして良い理由を実践して理解しよう。

永らく更新が滞ってしまい申し訳ありませんでした。プログラムに関しては書ききったと思っていたんですが、見ていただきたい順番を整理していたら、中途半端なのに気づきました。すみません。「だから、MySQLを集中的に勉強してくださいよ。」って言いたかった部分が抜けていました。今回はその抜けていた部分の記事になります。

馬券力向上のため、常に厳しすぎる制約を持つのだ!

今日はかなりぶっ飛んだ話なので、誰にも相手にされない可能性がありますが、私のようにテンションが上がるかもしれない人に向けて記事を書きたいと思います。読んでいただいた途中で、不可能だ・机上の空論だと思われる方は、そっとブラウザを閉じてください。お願いします。そんな目で見られると恥ずかしいので。

己を知りコントロールせよ!さすれば破滅は避けられる

馬券術といえば、タイム・馬券圏内率・騎手・血統・調教師・馬主・コンピ指数などにフォーカスしたものなど溢れています。本屋さんや世の中に出回っている馬券術は「こうすれば当たるよ」と、インチキを偉そうに並べているので私は好きにはなれない。もっと馬を見ましょうよ!いや、その前に自分を知って自分をコントロールしましょうよ!って話しです。

出馬表を作ってGUIツールとMySQLの2つを一気に理解する

私はGUIツールは勿論、データベースもプログラムも、いまだに初心者です。無論プログラムなどはコピペプログラマーですので、人に何か教えれる立場にないことも理解しています。しかし、この記事をご覧になっている馬券師の方も私と同じように競馬ソフトを作成してみたいという初心者の方が居るかも知れません。私も壁に当たりましたが、初心者が競馬ソフトを作成するのには壁があるように思います。