A5:SQL Mk-2 のセットアップ

シェアしていただけると励みになります!

MySQL GUIツールA5:SQL Mk-2のセットアップのイメージ

A5:SQL Mk-2は、MYSQLを視覚的に分かりやすくするためだけではなく、便利な機能がたくさん付いています。初心者がデータベースのデータを弄るのには なくてはならないものだと思います。A5:SQL Mk-2は、ODBCの接続が必要ありませんので、設定が面倒くさい人や、黒猫 SQL Studio Nextなどが動かない方などにおすすめです。高機能ですし。他には 黒猫 SQL Studio Nextも、おすすめです。黒猫か A5:SQL Mk-2どちらか好きな方を選んでください。

A5:SQL Mk-2は、MYSQLを視覚的に分かりやすくするためだけではなく、便利な機能がたくさん付いています。初心者がデータベースのデータを弄るのには なくてはならないものだと思います。

SPONSORED LINK
アドセンス

A5:SQL Mk-2は、GUIツール

MYSQLのデータを弄るのに、GUIツールが無い場合は、コマンドプロンプトでの実行になります。

コマンドプロンプトの実行画面

赤線の SHOW TABLES FROM pckeiba; は、データベースpckeibaに存在するテーブルの一覧を表示させる命令文です。SQL文はどちらにしても覚えないといけませんが、GUIツールがあれば、色々と助けてくれます。

マウスで操作できるGUIツール A5:SQL Mk-2

この画面はデータベース pckeibaのテーブルを展開 ⇒ 馬場コードをダブルクリックしたところです。GUIツールがあれば、データを見るだけならマウス操作で見ることができるようになります。

その前に、PC-KEIBA Database のセットアップはお済になりましたか?

PC-KEIBAで競馬データベース構築するとデータベース化が簡単
MYSQLのインストールがすみましたら、いよいよデータをデータベースに登録する作業です。作業といってもデータベース構築からデータの登録ま...

A5:SQL Mk-2のダウンロード

A5:SQL Mk-2 から、最新版の A5:SQL Mk-2をダウンロードしてください。

x86版とx64版の説明画像

データベースがMySQLの場合は、x86版とx64版のどちらをダウンロードしても大丈夫です。

x86版とx64版通常版を選ぶ画面

32bit / 64bit 通常版をクリックしてください。ベクターに移動します。

ベクターのダウンロード画面

32bit 64bit好きな方をダウンロードしてください。私は愛機に合わせて、x86 64bit版をダウンロードしました。A5:SQL Mk-2をダウンロードします。解凍したフォルダの中にある A5M2.exeをダブルクリックすると、インストールの必要なく A5:SQL Mk-2が起動します。解凍したフォルダごと、邪魔にならないどこか(ドキュメントなど)に移動させておきましょう。

ショートカットの作り方の画面

A5M2.exeを 右クリックし、ショートカットの作成を選択してください。

ショートカットの作り方の画面

作成した A5M2.exe-ショートカットをデスクトップに移動させておきます。A5:SQL Mk-2の起動はデスクトップのショートカットから行えるようになります。

A5:SQL Mk-2の設定

A5:SQL Mk-2を起動させてください。

データベース設定画面を呼び出している画面

データベースアイコンをクリックすると、データベースの追加と削除の設定画面が開きますので、追加をクリックしてください。

MySQL自動接続画面

MySQL / MariaDB (直接接続)をクリックしてください。

データベース情報の入力画面

ここでは、MySQLのパスワード ・ 自動接続するデータベース に必要事項を入力してください。 パスワードを保存するにチェックを入れ、テスト接続をしてください。

問題なく接続に成功しましたら、OKをクリックして、データベースの追加と削除の設定画面を閉じてください。

データベースが追加された画面

無事、データベース pckeibaが追加されました。以上で、データベースに接続できるようになりました。

SPONSORED LINK
アドセンス
楽天336×280

シェアしていただけると励みになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">